\長崎のナナメ上を行く、つくる邸/

坂の町、長崎市からこんにちわ。長崎市内には6年ぐらい住んでたけど低地専門だったシバッチです。

今日は、長崎市南山手町にある「つくる邸」を探しにやってきました。(朝早かったのでちょっと眠そう)


「つくる邸」は、築70年の古民家で、10年間空き家だった住宅を『斜面地・空き家活用団体つくる』の方々が中心となって少しずつ片付けや改装をおこない、現在シェアハウス兼オープンスペースとして活用しているそうです。

「つくる邸」までは長崎駅前電停からだと、「(1号系統)崇福寺行」に乗車し、「新地中華街 電停」で、運賃(大人130円)を運賃箱へ支払って、運転士さんかから「のりつぎ券」をもらって下車。


「新地中華街 電停」の反対ホームから「(5号系統)石橋行」に乗車し、終点の「石橋電停」まで行きます。(乗り方参考はこちら


石橋電停に到着。


路面電車を降りて、坂の上を目指します。

イイ感じの路地です。この突き当りを左に進んで行くと、「グラバースカイロード」というのに出くわしました。


ナニコレ!?

長崎に6年も住んでたのに初めましての「グラバースカイロード」


名前から察するに「グラバー園への空の道」と思われます。


「グラバー園方面は5階でお降りください。」とあります。けっこう登る感じです。


エレベーターのようなエスカレーターのような坂の町長崎ゆえの独特な乗り物が好奇心をそそられます。ワクワク。



初グラバースカイロード!


「こいつ……動くぞ!」

(ちょっと楽しい)



5階に到着すると長崎の街を一望できる風景を望めました。


坂の上に住んでいる人たちにとってはこの「グラバースカイロード」は大切な交通手段となっているようです。


「グラバースカイロード」を降りたすぐ目の前にビルらしきものがそびえ立ってます。




近づいてみました。



5階建てビルぐらいの高さのエレベーター。どうやらこれにも乗るようです。


長崎市、面白い。



普段の生活交通手段が観光コンテンツにもなってるのが面白い。夜だと夜景も見れるので楽しそうです。



先ほどよりさらに上に上ったので、また景色が変わりました。稲佐山や長崎湾も見えてきました。これは絶景な夜景スポット。


夜にまた来たい。。。



エレベーターを降りるとすぐ世界遺産でもあるグラバー園が見えてきます。



僕は下からしか入ったことがないのですが、上からも入れるのは知らなかったです。


ちなみにグラバー園内には旧リンガー住宅もあります。グラバー商会に勤めて、ホーム・リンガー商会を設立したフレデリック・リンガーの旧邸。



「リンガー」と言えば、長崎県民にはお馴染みですよね♪


長崎ちゃんぽんで有名な「リンガーハット」はこのリンガーさんにちなんでつけられた社名なんです。



ちゃんぽんを食べたい気持ちをグッ!と抑え、グラバー園を先に進みます。


と思ったら、ここまで登ってきたのに、ちょっと下り坂(笑)



オシャレっぽいコーヒー館「耕美庵」をさらに進みます。今度行きたい。




このあたりでちょっと迷いました(笑)


「つくる邸はどこ?」


と思いつつ、この先の路地を進むと、海が見える坂道に出ます。


そこを少し下ると...


ありました!



ちょうどこの日はお昼から「オープンデイの日」で、自由に過ごすことができる日でした。




ここで夏はBBQしたり、みなと祭りの花火を見たり、地域の人たちとお正月には七草がゆを食べたり、色んなイベントも開催してあるそうです。(代表の岩本さん、金氣さん、ご対応ありがとうございました♪)



よき眺め♪




2020年2月号のソトコトにも掲載された「つくる邸」の取り組み。長崎が盛り上がるきっかけの一つになりそうですね。


斜面地を活性化したい!つくる邸

長崎での暮らしと切っても切れないのがこの坂。 ・階段でののぼり降りが大変! ・車で家の近くまで行けなくて不便… などと、最近では斜面地に住む人口が減っています そんな中、斜面地のイメージをマイナスではなく『プラス』にとらえて どんどん魅力を発信していこう!としている若者が 長崎市南山手の古民家で暮らしています その名も「つくる邸」 元々空き家だった場所です 主の岩本さん(真ん中)と、ルームメイトの森さん(左) シェアハウスとして一緒に暮らしています 築およそ70年の古民家は自分たちでアレンジして、オシャレなギャラリーも! 障子を開けると… 長崎の景色が広がります 高台、坂の街ならではの特別な場所ですね 岩本さんは長崎大学環境科学部出身で、 斜面地・空き家活用団体「つくる」の代表 学生のころからずっと斜面地について勉強してこられました そのときに南山手の景色はもちろん、南山手の歴史や素敵な人々に出会ったことで南山手の斜面地を愛し、住むことを決めたそうです 森さんは、斜面地の静かでゆっくりとした雰囲気が大好きなんだそうです 実は岩本さんは大分県出身、森さんは福岡県出身です! 県外出身者が長崎を大好きになって、住んでくれて、更に長崎の良さを 発信していらっしゃるのは、長崎出身の私たちにとって本当に嬉しいことですよね その、坂への愛を、「つくる」のみなさんが形にしたものが、こちらのCD 南山手・東山手できこえる長崎の「音」25種類をサウンドスケープ(音の風景)として集めました。森さんのナレーション入りで、県外に住む方からも注文があるそうですよ。 他にもさまざまなイベントを「つくる邸」で開催してきました ここで老若男女あらゆる方々が出会って繋がっているそうです 実は、もうすぐ空き家再生第2号が完成! 紅茶のお店になるそうです!もちろんこちらも、長崎市内の斜面地にある空き家。 このように、1軒、また1軒、と空き家や斜面地が活用され、斜面地の魅力に気付く方が増えると良いなぁと思います。 長崎の夜景も、この坂の街が作り出していますからね 岩本さんたちの詳しい暮らしやイベントは、「つくる」のFacebookやTwitterをご覧ください♪ ありがとうございました! これからも応援しています゚(๑•̀ㅂ•́)و✧

NBC長崎放送


ということで、坂の町、長崎の斜面を活かすためにナナメ上を行くであろう「つくる邸」、ぜひ訪れてみてください!久々に歩いていい運動にもなったシバッチでした!!




※「斜め上を行く」・・・想定・予測していた結果よりも一歩進んだ、またははるかに超えた内容であるさまなどを表現する語。思っても見なかった状況に至る様子のこと。

イキテイク

\壱岐島、もっとスキになる/ 長崎県の壱岐島でざっくりいうと、IT系の仕事をしています。 「イキテイク」には、3つの想いを込めています。 1)自分の好きなこと、得意なことで生きていく。 2)壱岐島を良い方向に導くようなアクションを起こす。 3)子ども達に時代を生き抜いていく力を身につけてもらう。 島の中央にある山信(やまのぶ)地区のお米は島一番です。

0コメント

  • 1000 / 1000