【幻のユリ】ハカタユリが開花しました!

みなさん、こんにちわ。早起きは三文の徳を実感しているイキテイクのシバッチです。

「花」っていいですよね。壱岐島にはいろんな野花が自生しており、観光の合間に道端の花々の写真を撮るのも楽しいですよね。


そんな先日の早朝のこと、早起きついでに写真撮影をしていた時に、近所の方から「幻のハカタユリが咲いてるよ。」と教えていただきました。


「え、ハカタユリって何ですか?幻の花?」


高校のときの授業で、「物理」をとっていた僕は「生物」がニガテなのです。

(ちなみに「物理」もニガテでした)


「ハカタユリ」はなぜ幻のユリなの?


ハカタユリ(博多百合)」は中国原産で、13世紀に日中貿易の接点となった博多(はかた)に渡来したことから名がついたそうです。


現在ではイノシシの食害や病害虫により個体数が減少し,国内でも数十株しかないとされており、ほとんど見られないことから「幻のユリ」と呼ばれています。ハカタユリは栽培がたいへん難しい植物なのだそうです。福岡市植物園にも栽培されているそうです。


この幻のユリ「ハカタユリ」が、実はいいオフィス壱岐の近くにわずかですが咲いています。(※場所は秘密です)

こちらは先日の早朝に現れた「山信の朝霧」、色々な気象条件が整った時に見られます。


ハカタユリはどんな花なの?


「ハカタユリ」は、咲き始めの花の色は淡い「黄色」なのですが、

開花後は、花が徐々に半日ほどかけて白くなっていくのが特徴です。

花の色が変わる理由はよくわかってないそうです。上品な香りも放ちます。(上下の写真はどちらも同じ場所に咲いている「ハカタユリ」です。)


開花時期は6月とのことで、つかの間の「幻のユリ」鑑賞を楽しみました♪


いいオフィス壱岐にお越しの際はご案内もできます♪






イキテイク

\壱岐島、もっとスキになる/ 長崎県の壱岐島でざっくりいうと、IT系の仕事をしています。 「イキテイク」には、3つの想いを込めています。 1)自分の好きなこと、得意なことで生きていく。 2)壱岐島を良い方向に導くようなアクションを起こす。 3)子ども達に時代を生き抜いていく力を身につけてもらう。 島の中央にある山信(やまのぶ)地区のお米は島一番です。

0コメント

  • 1000 / 1000